加賀カニごはん 石川県加賀市の新・OMOTENASHIご当地グルメ

image

「加賀カニごはん」とは?

加賀市橋立港で水揚げされた貴重な香箱ガニ(雌のズワイガニ)を一杯(一匹)使った
各店こだわりの「カニごはん」に、旬の野菜や魚を使った小鉢五品、味噌汁、献上加賀棒茶、
デザート&コーヒーが付いた、加賀市ならではの上品なOMOTENASHIカニごはん膳。
器には山中漆器(お盆・汁茶碗)と九谷焼(小鉢皿一式・加賀棒茶敷き皿)を使用しています。

これが「加賀カニごはん」です。

全店1,950円(税込)カニご飯、小鉢5品、海鮮味噌汁、デザート&コーヒー、献上加賀棒茶

「加賀カニごはん」の定義・ルール

[英語表記]

KAGA CRAB GOHAN

[定義]

加賀市橋立漁港で水揚げされた貴重な香箱ガニ(雌のズワイガニ)を一杯(一匹)使った各店こだわりの「カニごはん」に、旬の野菜や魚を使った小鉢五品、味噌汁、献上加賀棒茶、デザート&コーヒーが付いた、加賀市ならではの上品なOMOTENASHIカニごはん膳。今回の料理のために地元作家が新たに作り下ろした山中漆器(お盆、汁茶碗)、九谷焼(小鉢皿一式、加賀棒茶敷き皿)に盛り付けているので、見た目も楽しんでいただけると思います。

[ルール]

  • 正式名称は「加賀カニごはん」とする
  • 英語表記は「KAGA CRAB GOHAN」とする
  • 加賀市橋立漁港で水揚げされた貴重な香箱ガニ(雌のズワイガニ)を一杯(一匹)使用する
  • カニごはん膳の内容は火を使ったカニごはん、小鉢(五品)、味噌汁、献上加賀棒茶および
    食後のデザート&コーヒー(紅茶)とする。作り下ろしの山中漆器(半月型のお盆)に盛る
  • カニごはんは香箱ガニと地場産のコシヒカリを使用し、カニはごはんと混ぜて食べるスタイルにする。火を使う。各店のカニごはんは、毎年改良する
  • 小鉢は各店が創意工夫した以下の五皿とする
    (地場産食材を使用する。料理内容は季節等に応じて自由に変えても良い)
     ☐ 和え物⇒季節の野菜を使用
     ☐ 揚げ物⇒旬の魚と季節の野菜を使用
     ☐ 酢の物⇒旬の魚と季節の野菜を使用
     ☐ 焼き物⇒季節の野菜を使用
     ☐ 香の物⇒季節の野菜を使用
    作り下ろしの九谷焼に盛る
  • 味噌汁は地場産の味噌、魚介類、野菜を使用する(料理内容は季節等に応じて自由に変えても良い)
    作り下ろしの山中漆器(蓋付き茶碗)を使用する
  • 献上加賀棒茶(冷茶)をつける
    作り下ろしの九谷焼の上にグラスを置く
  • 食後に各店こだわりのデザート(地場産の旬の果物や乳製品などを使用)と
    コーヒー(紅茶)を提供する(デザートは季節等に応じて自由に変えても良い)
    半月型の小盆で出す
  • 協議会指定の箸袋を使用する
  • 料金は2800円(税込)以下とする
    香箱ガニの市場価格が年によって変動するので料金は毎年見直す

プロデューサーが語る「加賀カニごはん」

プロデューサー

ヒロ中田

空飛ぶご当地グルメプロデューサー(じゃらんリサーチセンター)
「加賀カニごはん」「加賀パフェ」に続いて「加賀乃酒」(加賀のお米と水で作った純米大吟醸と加賀九谷焼オリジナルお猪口セット)をプロデュース(加賀の新・ご当地グルメ三部作)。

 北陸新幹線の開業に合わせて誕生した加賀市の新・OMOTENASHIご当地グルメ「加賀カニごはん」(2015年4月1日デビュー)。生まれて2年にもかかわらず、加賀市を代表するご当地「昼食」として確かな存在感を示しています。その背景にあるのは、提供店の料理人たちの熱い思いです。商品を見ていただければおわかりのように、「加賀カニごはん」を作るのはとても大変です。商売として考えたら割は合いません。じゃあ、なぜ手間暇かかる「加賀カニごはん」を出すのか。それは、料理人たちの郷土愛とプロとしてのこだわりでしょう。料理人たちがお互い切磋琢磨しながら、「もっと美味しく、更に見栄え良く!」と技を磨き合っているのです。
 それが生かされているのが、毎年4月1日から登場する新作バージョン。今回の2017年バージョンは、前年バージョンに比べて更に進化&クオリティがUPしています。貴重な香箱ガニ(雌のズワイガニ)を使っているため、一年間で約1万食しか提供できませんが、だからこそ料理人は頑張るのです。「加賀カニごはん」初心者の方もリピーターの方も、「加賀カニごはん」新作2017年バージョンをぜひ!(談)

加賀パフェ